交通事故後の後遺症は弁護士に相談することが大事

交通事故後の後遺症は弁護士に相談することが大事

玩具の車

誰でも被害者になり得る

交通事故は世界中どこでも起こっているものですが、日本の中でも大阪は上位に入るほど交通事故の件数が多いと言われています。どんなに注意を払っていても事故は起きてしまうものなので、注意しようがありません。もし交通事故に遭ってしまった場合、無傷で問題がなければ良いのですが中には打ち所が悪く後遺症が残ってしまったという人もいるでしょう。後遺症が残ってしまった場合、泣き寝入りするのではなくすぐに弁護士に相談することをおすすめします。

ミニカーとジャッジがベr

後悔しないためにも

交通事故に遭い後遺症が残ってしまった、もしくは家族が亡くなってしまったということがあります。その場合、相手側の保険会社が示談交渉を持ちかけてくることがほとんどです。知っておくべきことは、示談交渉にのらないということです。保険会社が提示する金額だから妥当だと思う人もいますが、基本的に低めということを知っておきましょう。なるべく保険会社も高額費用を支払いたくないと思うものですので、そこで示談交渉成立となると後悔してしまう可能性があります。

破損した車

弁護士依頼でこんなにも変わる

損害賠償は後遺障害の等級に応じて変化するものであり、診断する医師によって正確ではないこともあります。正しい症状を後遺障害診断書に記載してもらわなければならないため、そういった際にも弁護士に相談することが可能です。弁護士に依頼することで数百万円の差が出ることもあるため、相談しないと損をする可能性があるでしょう。

弁護士に依頼するメリット

  • 示談交渉を円滑に進める
  • 妥当な賠償金が得られる
  • 適切な障害等級の認定

広告募集中