法人税を節税して会社経営を安定させる方法

法人税を節税して会社経営を安定させる方法

女性

節税をする理由

法人税を節税する理由にはいくつかありますが、最も大きい理由として資産を残すということでしょう。経営をするにあたり、経費や税金は必ずしも出ていくものです。経費を節約したとしても税金も節約しないとより多くの資産を残していくのには厳しいため、節税をすることが大切です。

ジャッジガベル

節税のプロに相談する

法人税を節税するといっても何をしたら良いのかわからないもので、また依頼先によっては失敗してしまうこともあります。節税対策として推奨されているものに保険がありますが、どの保険に加入しても良いというわけではありません。そのため、保険の裏技に詳しいプロに依頼をするようにしましょう。

男性

相続に関することも相談可能

法人税だけの節税方法だけではなく、相続税の節税に関することも相談をすることができます。東京には実績の高い税理士がたくさん在籍しているため、東京で経営している、もしくはこれから経営をしていく場合は税理士に相談するようにしましょう。

税理士依頼で多い内容ベスト5

no.1

税務監査

税理士の主な仕事内容となっており、会社の会計処理が正しいかチェック、指導してもらうことができます。ミスや抜けなどがあると、罰せられる可能性があるので安心して会社経営をする上で税務監査は欠かすことができないと言えるでしょう。

no.2

税務調査の立ち合い

税務署が調査に来た場合、税理士に立ち合ってもらうことができます。税法に詳しい場合は調査官と直接話し合いをすることもできますが、わからないとそのまま納得して追徴納税を支払ってしまうこともあるでしょう。しかし、税理士が立ち合いの場合は正当な理由なども調査官に説明してくれるため、守ってもらうことが可能です。

no.3

決算書の作成や税務申告

決算書の作成内容によって、金融機関が融資するか否か決断されるものです。また、税理士によっては企業に合った節税対策なども事前にとって提案してくれるため、安定した黒字経営をしていくことができるでしょう。

no.4

保険の相談

社会保険や生命保険に関する相談ものっており、年金や労災保険、健康保険や雇用保険について詳しく教えてもらうことができます。また、生命保険の場合は経営者自身のライフプランを形成し適した保険をアドバイスしてもらうことが可能です。

no.5

会計ソフトの代行

会計ソフトの入力は会社側で行なうことも可能ですが、正確に入力をお願いしたい、記帳入力に人員を割きたくないという場合に依頼をする人が多いでしょう。

広告募集中